コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

hitaruシリーズコンサートとチケット

2020
8/6 19:00~

hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回 2020年8月 6日(木)19:00~ 札幌文化芸術劇場 hitaru

hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回
hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回

指揮者 / 共演者

指揮 / 尾高忠明

ヴァイオリン / 辻 彩奈

曲目

武満徹 波の盆
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲
ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」

(7月1日発表)札幌交響楽団では、政府及び地方自治体の方針を踏まえ、感染拡大予防ガイドライン等に沿って、入場者数の上限設定と座席配置の見直し等、主催者としての感染防止のための対策を講じたうえで、8月6日『hitaruシリーズ新・定期演奏会 第2回』の開催をいたします。
皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【感染予防対策とお願い】
公益社団法人全国公立文化施設協会、札幌文化芸術劇場が策定するガイドラインをもとに、医師の指導と併せ、感染予防と拡大防止のための取り組みをしています。ご来場を予定されているお客様におかれましては来場前にご確認いただき、感染症予防にご留意いただきますようお願いいたします。

≪感染予防対策について≫:https://www.sso.or.jp/2020/07/71-1/



【座席配置の変更について】
『全国公立文化施設協会ガイドライン』に基づき、お客様同士の距離を確保するため、新たに座席左右隣を1席ずつ開けて配席いたします。すでにチケットをご購入いただいているお客様には、当日、同ランク、同フロアの新たなお席に振替させていただく場合がございます。(ご購入済みで連絡先の分かるお客様には別途ご案内をいたします)
多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

【開場時間の変更について】
開場時の混雑を防ぐために、18:00に変更いたします。(開演は19:00)

【当日券の販売について】
入場者数の上限設定のため、前売り券の販売のみとし、当日券の販売はいたしません。そのため、当日販売限定スマイル席、ハッピーレイト割の販売を中止いたします。何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

【終演後の退場について】
札幌文化芸術劇場の終演後の退場は混雑が予想されます。座席ブロックでの退場等、順番にご案内いたしますので、アナウンスまたは係員の指示に従ってください。

【チケット払い戻しについて】
体調にご懸念がありご来場が難しいなど、公演にお越しいただけないお客様には、チケット代金の払い戻しをさせていただきます。
札幌交響楽団事務局のほか、遠方などご来訪が難しいお客様には郵送等で受け付けます。(プレイガイドでの払い戻し不可)
レターパックライトや特定記録郵便など(送った証明ができる方法)でお送りください。(8/14まで当日消印有効)
●チケット及び希望払戻先情報を記入したメモを入れてください。
※希望払戻先情報<氏名/住所/電話番号/金融機関名/支店名(店番)/普通or当座/口座番号/口座名義(フリガナ)>
●チケット返送料・返金の為の振込手数料はお客様負担にてお願いいたします。

【お問い合わせ】
札幌交響楽団 電話011-520-1771(平日9:30~18:00 土日祝休み)
064-0931 札幌市中央区中島公園1-15 札幌コンサートホール内

尾高忠明 © Martin Richardson

尾高忠明(指揮)

1947年鎌倉生まれ。桐朋学園大学で齊藤秀雄氏に師事。1970年桐朋学園大学を卒業、第2回民音指揮者コンクールで第2位に入賞。1971年にNHK交響楽団を指揮してデビュー。1972年オーストリア政府から奨学金を得てウィーン国立アカデミーに留学、ハンス・スワロフスキーに師事、さらにオペラをシュパンナーゲルに学んだ。1974年~91年東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者、2004年~15年札幌交響楽団音楽監督(81年~86年正指揮者、98年~2004年ミュージック・アドヴァイザー/常任指揮者)、92年~98年読売日本交響楽団常任指揮者、95年~2003年紀尾井ホール室内管弦楽団(旧紀尾井シンフォニエッタ東京)ミュージカル・アドバイザー/首席指揮者、2010年~12年メルボルン交響楽団首席客演指揮者、2010年~14年新国立劇場オペラ芸術監督を歴任している。1987年にBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者に就任、翌年には同団を率いてロンドン・プロムスにデビューした。英国内はもとよりヨーロッパ各地、ロシア、そして2度の日本公演と北米公演を行い好評を博す。ロンドン・サンデー・タイムズ紙は、「オーケストラとの8年間、彼はウェールズで奇跡を行った」と書いている。1984、89年東京フィル、1993、97年には読売日響のヨーロッパ公演を成功に導いた。2000年紀尾井シンフォニエッタ東京とヨーロッパ・ツアーを、札幌交響楽団とは2001年英国ツアー、05年韓国公演、11年同団創立50周年記念ヨーロッパ・ツアー、15年には台湾公演を行いいずれも高い評価を得た。また2012年日中国交正常化40周年を記念してNHK交響楽団と北京、天津、上海で演奏し、絶賛を博した。17年はBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者就任(現桂冠指揮者)から30年に当たり、12月にオール・エルガーによる記念コンサートが開催された。オペラの分野でも二期会、関西二期会による「こうもり」「トスカ」「タンホイザー」「カルメン」「魔弾の射手」、英国のウェールズ・ナショナル・オペラ「サロメ」など数多くの公演を指揮している。2008年9月には札幌交響楽団とコンサート形式の「ピーターグライムズ」を指揮、各方面から高い評価を得た。また武満徹、細川俊夫、松村禎三、三善晃など日本人作曲家の作品の初演も数多く手掛けている。レコーディングにも精力的で、これまでBBCウェールズ響等とNimbus、BIS、CHANDOS、カメラータ・トウキョウなどに数多くの優れた録音を残している。1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。1993年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号を、ウェールズ大学より名誉博士号を、1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。1999年には英国エルガー協会よりエルガー音楽の普及に貢献したとして、日本人として初めてエルガー・メダルを贈られている。2012年有馬賞(NHK交響楽団)、14年北海道文化賞、17年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、18年度大阪文化祭賞、日本放送協会放送文化賞、19年第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞。  現在東京藝術大学名誉教授、相愛大学、京都市立芸術大学音楽学部客員教授、国立音楽大学招聘教授を務めている。


辻 彩奈 © Waner Classics

辻 彩奈(ヴァイオリン)

1997年岐阜県生まれ。2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位、併せて5つの特別賞(バッハ賞、パガニーニ賞、カナダ人作品賞、ソナタ賞、セミファイナルベストリサイタル賞)を受賞。3歳よりスズキメソードにてヴァイオリンを始め、10歳時にスズキテンチルドレンに選ばれ、東京、名古屋、松本にて独奏を実施。2009年には全日本学生音楽コンクール小学校の部にて全国第1位、東儀賞、兎束賞を受賞。その他国内外のコンクールで優勝や入賞の実績を持つ。11歳にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演後、多くの国内外のオーケストラと共演。これまでに、モントリオール交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、チェコフィルハーモニー室内合奏団、セジョン・ソロイスツ(韓国)、シュトゥットガルトゾリステン、チェコ国立室内管弦楽団パルドビツェ、ムジカ・ヴィーヴァ(ロシア)、ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団(ロシア)、ベトナム国立交響楽団、NHK交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、群馬交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、京都市交響楽団などと共演している。また室内楽においては、12歳にて初リサイタルを行って以降、宗次ホール、サラマンカホール、紀尾井ホール、ザ・シンフォニーホールにてリサイタルを実施。チェロの堤剛、ピアノの江口玲、伊藤恵、エマニュエル・シュトロッセの各氏らとの共演を行っている。2017年「岐阜県芸術文化奨励」、2018年「第28回出光音楽賞」を受賞。これまでに小林健次、矢口十詩子、中澤きみ子、小栗まち絵、原田幸一郎の各氏に師事。使用楽器は、NPO法人イエローエンジェルより貸与されているJoannes Baptista Guadagnini 1748である。2018年、モントリオール国際音楽コンクールの模様を収録したメジャー・デビューCD「LIVE IN MONTREAL」をワーナークラシックス日本人初のセンター契約アーティストとしてリリース。2019年4月、ジョナサン・ノット指揮/スイス・ロマンド管弦楽団とジュネーブおよび日本にてツアーを実施し、その艶やかな音色と表現により各方面より高い評価を得た。2019-2020シーズンは、ラ・フォル・ジュルネ(ナント)、ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019、ラ・フォル・ジュルネ・エカテリンブルグ(ロシア)、パレルモ・クラシカ・フェスティバル(イタリア)の音楽祭にも出演している。現在、特別特待奨学生として東京音楽大学、およびエコール・ノルマル音楽院に在籍している。オフィシャルサイト ayanatsuji.com

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2020年5月27日(水)  札響会員先行発売:2020年5月1日~5月11日
チケット (S)¥6,000 (A)¥5,000 (B)¥3,500
U25割(A)1,500円※2020年度U25割は1995年以降生まれを対象とします。
※未就学児入場不可(新型コロナウイルス感染予防対策のため、現在、託児室のご利用はできません)
【前売チケット販売と当日券について】
政府発表の『イベント等の開催制限』に基づき、客席使用数の定員上限により、前売り販売のみとし、当日券の販売はございませんのでご了承ください。
オンライン予約
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:174-963】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11010】
主催 札幌交響楽団
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 定期振替・寄附お申込フォーム
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集