コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

定期演奏会コンサートとチケット

2019
4/26 19:00~
4/27 14:00~

第618回定期演奏会 2019年4月26日(金)19:00~
/ 4月27日(土)14:00~
札幌コンサートホールKitara

第618回定期演奏会
第618回定期演奏会
第618回定期演奏会
第618回定期演奏会
第618回定期演奏会
第618回定期演奏会

指揮者 / 共演者

指揮 / 尾高 忠明(札響名誉音楽監督)

ピアノ / アンヌ・ケフェレック

曲目

ブラームス ハイドンの主題による変奏曲
モーツァルト ピアノ協奏曲第22番
エルガー エニグマ変奏曲

【定期演奏会の聴きどころ】

2019年度定期演奏会 に首席指揮者バーメルトは「What composers do to other composers...(作曲家が作曲家に出会うとき・・・何を感じ、何を与えただろう?)」というテーマを設けました。それぞれの指揮者にこの「お題」を投げかけ、「回答」を出してもらう形で定期演奏会各回のプログラムを作り上げました。
4月、新年度の開幕を指揮する名誉音楽監督の尾高は、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」とエルガーの「エニグマ変奏曲」、2つの変奏曲で答えます。「エニグマ(謎)」の名のつく変奏曲からは、ベートーヴェンやメンデルスゾーンの音楽が聴こえてきます。
これら2曲に挟まれた愛らしいモーツァルト「ピアノ協奏曲第22番」を弾くのは、札響初登場のフランスの名ピアニスト、アンヌ・ケフェレックです。彼女は、フランス音楽はもちろん、モーツァルトの演奏で世界的な評価を得ています。彼女の気品に満ち、そして活き活きとした演奏にぜひご期待ください。

【定期演奏会のチケット、会員制度のご案内】

『札幌交響楽団定期演奏会』は、4月から翌年3月までの1年間で、10プログラム、各回2回公演(金曜夜と土曜昼)の演奏会を「札幌コンサートホールKitara」で開催、国内外で活躍している一流の指揮者・ソリストとの共演、様々なプログラムをお聴きいただけます。♪会員制度はこちらから


尾高 忠明(札響名誉音楽監督) © Martin Richardson

尾高 忠明(札響名誉音楽監督)(指揮)

1947年生まれ。国内主要オーケストラへの定期的な客演のほか、ロンドン響、バーミンガム市響など世界各地のオーケストラに、最近ではベルリン放送響、hr響、イル=ド=フランス国立管等へ客演している。 札幌交響楽団において、1981年~1986年正指揮者、1998年からミュージック・アドヴァイザー/常任指揮者、2004年から2015年まで音楽監督、と通算22年にわたりオーケストラの発展に尽くし、2014年北海道文化賞を受賞。2015年4月から名誉音楽監督。2017年4月からは、本年10月開館の札幌文化芸術劇場の芸術アドヴァイザーを務める。 これまでに1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。1993年にウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、ウェールズ大学より名誉博士号を、97年に英国エリザベス女王より大英勲章CBEを、さらに1999年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー・メダルを授与。 現在札響のほかに、NHK響正指揮者、BBCウェールズ・ナショナル管桂冠指揮者、東京フィルハーモニー響桂冠指揮者、読売日本響名誉客演指揮者、紀尾井シンフォニエッタ東京桂冠名誉指揮者。2018年4月、大阪フィルハーモニー響音楽監督に就任した。また、東京藝術大学名誉教授、相愛大学、京都市立芸術大学客員教授、国立音楽大学招聘教授の任にある。


アンヌ・ケフェレック © Caroline Doutre

アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

パリ生まれ。パリ国立高等音楽院を首席で卒業後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、アルフレッド・ブレンデルに師事。1968年ミュンヘン国際音楽コンクール優勝(審査員満場一致)、翌年リーズ国際ピアノ・コンクール入賞。 1970年にウィーンで、翌年にはパリでデビューを飾った。その後世界各地でリサイタルを開き、主要オーケストラと共演する。これまでに、ロンドン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと、コリン・デイヴィス、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ、マレク・ヤノフスキ、デイヴィッド・ジンマン等の指揮者と共演している。フランス各地での主要音楽祭やBBCプロムス、日本では「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日)」音楽祭に登場し高い人気を誇る。 CDは、『サティと仲間たち』(ミラーレ)がディアパゾン・ドール賞を受賞。2017年には最新盤の『ダンスに加わって』(ミラーレ)がリリースされた。また、映画「アマデウス」ではサー・ネヴィル・マリナーとの共演でピアノ協奏曲を演奏し、話題を呼んだ。

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2019年2月15日(金) 
チケット (SS)¥6,500 (S)¥5,500 (A)¥5,000 (B)¥4,500 (C)¥3,000
U25割(B,C)1,500円、P自由席スマイル2,000円(当日券のみ・限定数)
※2019年度U25割は、1994年以降生まれ対象
※未就学児不可
※P自由席スマイル券は、前売券の取扱いはございません。(各回当日券売場での限定販売)Pブロック8列~11列内にご着席いただきます
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2019-2020定期会員入会受付中

シーズン5回12,000円から

座席割はこちら

オンライン予約
Kitaraチケットセンター
Kitaraチケットセンター
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:136-493】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11001】
主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 札響定期演奏会を聞くには?
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集