コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

hitaruシリーズコンサートとチケット

2023
4/11 19:00~

hitaruシリーズ定期演奏会 第13回 2023年4月11日(火)19:00~ 札幌文化芸術劇場 hitaru

指揮者 / 共演者

指揮 / 大植英次

ピアノ / アンドレイ・ガヴリーロフ

曲目

糀場富美子 広島レクイエム
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
ショスタコーヴィチ 交響曲第5番

【1回券】の販売日は2023年3月1日(水)10:00~(札響会員は2/22(水)10:00~)です。

【2023-2024hitaruシリーズ4回通し券】2月10日(金)10:00~発売開始!(札響会員は2/1(水)~)
※4回通し券料金:S席19,200円、A席16,000円、B席11,200円、U25割(A,B)4,800円
※販売プレイガイド:道新プレイガイド、市民交流プラザチケットセンター、Kitaraチケットセンター(4回通し券のみWeb限定)

2023-2024年度hitaruシリーズ4回通し券

4回通し券は4公演を同じ座席でお得にお楽しみいただく4枚つづりのチケットです

※出演者、曲目が変更となる場合がございます。


■hitaruシリーズ定期演奏会第13回
平和を祈る2023年度シーズン。広島出身の指揮者大植英次が「広島レクイエム」を。同じく広島出身の糀場富美子が、家族や周囲から聞いた原爆の体験から、悲しみと苦しみ、そして祈りを作品にしたもので、戦後40周年の1985年、バーンスタイン提唱の「広島平和コンサート」で大植が初演しました(ECユース・オーケストラ)。ピアノのガヴリーロフは1974年18歳でチャイコフスキー国際コンクール優勝、ヨーロッパでの大成功を経て、KGBの迫害、ゴルバチョフにより国外滞在許可を与えられるなど、激動の人生を歩んでいます。強靭な打鍵、繊細なタッチで、劇的なラフマニノフを聴かせてくれることでしょう。そしてショスタコーヴィチの第5番。ソ連共産党からの批判と粛清の恐怖のもと作曲された作品です。私たちはこの日、このプログラムから何を感じ、何を思うでしょうか。

大植英次 © 飯島隆

大植英次(指揮)


アンドレイ・ガヴリーロフ

アンドレイ・ガヴリーロフ(ピアノ)

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2023年3月1日(水)  札響会員先行発売:2023年2月22日(水)
チケット (S)¥6,000 (A)¥5,000 (B)¥3,500
U25割(A・B)1,500円 ※2023年度U25割は1998年以降生まれを対象とします。
※プレミアム席8,000円(限定販売)/1F中央部、2F最前列などのプレミアム席はローソンチケットにて取り扱い。
※スマイル席(見切れ等注釈付席2,000円/当日限定販売)
※未就学児入場不可
※プレイガイド:道新プレイガイド、市民交流プラザチケットセンター、ローソンチケット、チケットぴあ、セイコーマート(店内マルチコピー機)
※Kitaraチケットセンターでの販売はございません。
※ローソンチケットでの座席選択は発売日の翌日深夜00:00より可能となります。
※札響会員はS、A席各1回券500円引
※託児室は前日までの予約制です(有料)。申込先=札幌シッターサービス011-281-0511
【開場は18:20となります】

※座席割を一部変更しました。→2023-2024_hitaruシリーズ座席表
●やむを得ない事情により内容の一部が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
●不可抗力により演奏会を中止せざるをえない場合をのぞき、チケットの払戻しはいたしません。体調や状況の変化に不安のある方は、ご購入前に充分にご確認ください。
●政府発表の『イベント等の開催制限』に基づき、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながらの開催となります。
主催 札幌交響楽団
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)
札響60周年
札響60周年