コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

定期演奏会コンサートとチケット

2020
1/31 19:00~
2/1 14:00~

第626回定期演奏会 2020年1月31日(金)19:00~
/ 2月 1日(土)14:00~
札幌コンサートホールKitara

指揮者 / 共演者

指揮 / マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)

曲目

シューベルト ドイツ舞曲(ウェーベルン編)
モーツァルト 交響曲第39番
ベートーヴェン 交響曲第7番

【定期会員制度のご案内~途中入会随時受付中!】(入会月による会費割引あり)。

『札幌交響楽団定期演奏会』は、4月から翌年3月までの1年間で、10プログラム、各回2回公演(金曜夜と土曜昼)の演奏会を「札幌コンサートホールKitara」で開催、国内外で活躍している一流の指揮者・ソリストとの共演、様々なプログラムをお聴きいただけます。♪会員制度はこちらから


マティアス・バーメルト(札響首席指揮者) © Y.Fujii

マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)(指揮)

2018年4月札幌交響楽団首席指揮者に就任するバーメルトは母国スイスとダルムシュタット、パリで音楽を学び、作曲をピエール・ブーレーズとカールハインツ・シュトックハウゼンに師事した。ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席オーボエ奏者を務めたが、その後指揮者に転向する。指揮者としてのキャリアは、まずアメリカでジョージ・セルに師事することから始まり、その後レオポルド・ストコフスキーの助手を務め、さらにロリン・マゼールが音楽監督のクリーヴランド管弦楽団で正指揮者を務めた。これまでにバーゼル放送交響楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、西オーストラリア交響楽団、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督等を歴任。また、ロイヤル・スコッティシュ・ナショナル管弦楽団、ニュージーランド交響楽団、テジョン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者、ロンドンのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の副客演指揮者、グラスゴーの現代音楽フェスティバル「ムジカ・ノヴァ」、ルツェルン音楽祭の監督を務めた。英国ではフィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、BBCフィルハーモニックをしばしば演奏会や録音のために指揮、BBCプロムスも頻繁に出演した。国際的にはピッツバーグ交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、パリ管弦楽団、モントリオール交響楽団、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団、シドニー交響楽団、NHK交響楽団などのオーケストラにも登場している。バーメルトはこれまでに80以上のCDを録音、それらは数々の国際的な賞を受賞している。札幌交響楽団と2014年1-2月の定期演奏会で初共演、2016年、17年と毎年共演を重ね2018年4月、首席指揮者に就任。

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2019年8月23日(金) 
チケット (SS)¥6,500 (S)¥5,500 (A)¥5,000 (B)¥4,500 (C)¥3,000
U25割(B,C)1,500円、P自由席スマイル2,000円(当日券のみ・限定数)
※2019年度U25割は、1994年以降生まれ対象
※未就学児不可
※P自由席スマイル券は、前売券の取扱いはございません。(各回当日券売場での限定販売)Pブロック8列~11列内にご着席いただきます
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2019-2020定期会員入会受付中

シーズン5回12,000円から

座席割はこちら

オンライン予約
Kitaraチケットセンター
Kitaraチケットセンター
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:136-501】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11009】
主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 定期振替・寄附お申込フォーム
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集