コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

定期演奏会コンサートとチケット

2019
10/18 19:00~
10/19 14:00~

札幌交響楽団 第623回定期演奏会 2019年10月18日(金)19:00~
/ 10月19日(土)14:00~
札幌コンサートホールKitara

指揮者 / 共演者

指揮 / マックス・ポンマー

ソプラノ / 松井 亜希

カウンターテナー / 藤木 大地

テノール / 櫻田 亮

バス(イエス) / 三原 剛

バス / 加耒 徹

合唱 / 札響合唱団

曲目

J.S.バッハ ヨハネ受難曲

【定期会員制度のご案内~途中入会随時受付中!】(入会月による会費割引あり)。

『札幌交響楽団定期演奏会』は、4月から翌年3月までの1年間で、10プログラム、各回2回公演(金曜夜と土曜昼)の演奏会を「札幌コンサートホールKitara」で開催、国内外で活躍している一流の指揮者・ソリストとの共演、様々なプログラムをお聴きいただけます。♪会員制度はこちらから


マックス・ポンマー

マックス・ポンマー(指揮)

1936年、ドイツ・ライプツィヒ生まれ。ライプツィヒ音楽大学、ライプツィヒ大学で博士号を修得。ヘルマン・アーベントロートとヘルベルト・フォン・カラヤンのもとで学ぶ。ライプツィヒ新バッハ合奏団芸術監督、ライプツィヒ放送交響楽団首席指揮者、ザールラント音楽大学指揮科教授などを歴任。ザルツブルク、シュレスヴィッヒ・ホルシュタインなどの高名な音楽祭にも出演、スコットランド室内管、セントポール室内管、ボルドー・アキテーヌ国立管、ザルツブルク・モーツァルテウム管、南西ドイツ放送響などに度々登場。日本でも、札響のほか、山形響、群馬響、日本フィル、新日本フィル、読売日本響、名古屋フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市響、大阪フィル、日本センチュリー響、広島響、神奈川フィルを指揮している。ディスコグラフィーはバッハ、ヘンデル、ドビュッシー、モーツァルトのから、フィンランドのラウタヴァーラ、クルト・ワイル、アイスラー、デッサウ、シェーンベルク他ドイツの作曲家までバラエティーに富み、数々の国際的賞を受賞している。2015年4月から今年3月末までの任期で札幌交響楽団の首席指揮者。在任中、札響とライヴ収録を重ねメンデルスゾーン、ブルックナー、シュトラウス&シューマン、バッハと通算4枚のCDをリリースし、いずれも高い評価を得た。現在、ドイツのザールブリュッケン在住。


松井 亜希

松井 亜希(ソプラノ)

岩手県出身。東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程・博士課程を修了。20世紀フランス歌曲研究で博士号取得。在学中に日仏声楽コンクール、友愛ドイツ歌曲コンクール優勝、日本音楽コンクール入選。近年はバッハ・コレギウム・ジャパンメンバーとして多くの公演・録音に参加、代役ソリストを務めたカナリア諸島音楽祭ほか、国内外でのヘンデル、バッハ公演独唱で高く評価され、新国立劇場『ポッペアの戴冠』においても絶賛を博す。東京オペラシティ・リサイタルシリーズ「B→C バッハからコンテンポラリーへ」に出演。広範なレパートリーとしなやかで透明度の高い歌声を生かし、多彩な活動を行なっている。


藤木 大地 © hiromasa

藤木 大地(カウンターテナー)

2017年4月、オペラの殿堂・ウィーン国立歌劇場に鮮烈にデビュー。ライマン『メデア』ヘロルド役での殿堂デビューは、日本人、そして東洋人のカウンターテナーとしても史上初の快挙で、現地メディアから絶賛されるとともに、日本国内でも大きなニュースとなる。2012年国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクールにて、ハンス・ガボア賞を受賞。同年、日本音楽コンクール第1位。2013年ボローニャ歌劇場にてグルック『クレーリアの勝利』マンニオ役でヨーロッパデビュー。国内では、NHKニューイヤーオペラコンサートへの5年連続出演をはじめ、主要オーケストラとの共演や各地でのリサイタルがいずれも絶賛を博している。また、村上春樹氏原作の映画「ハナレイ・ベイ」の主題歌(2018年10月公開)、同時にメジャー・デビュー・アルバム「愛のよろこびは」(ワーナーミュージック・ジャパン)がリリース。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活動を展開する、日本で最も注目される国際的なアーティストのひとりである。


櫻田 亮

櫻田 亮(テノール)

東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。二期会オペラ・スタジオ修了時に最優秀賞および川崎静子賞を受賞。1997年よりイタリアを拠点にヨーロッパ各国で幅広く演奏活動を行い、オッターヴィオ・ダントーネ、クラウディオ・カヴィーナ、ジョルディ・サヴァール、など多くの著名な指揮者とソリストとして共演。エジンバラ国際音楽祭、ポツダム音楽祭など、ヨーロッパ各地の主要な音楽祭に多数出演。国内ではサヴァリッシュ指揮のNHK交響楽団、鈴木雅明指揮のBCJなど、多くのオーケストラと共演。2002年ブルージュ国際古楽コンクール第2位など受賞多数。2004年、モンテヴェルディ作曲『ウリッセの祖国への帰還』エウリマコ役で、モンテヴェルディの生地クレモナを皮切りに、ラヴェンナ、フェッラーラ、ブレーシャなどイタリア各地で計14回の公演に出演。同作曲『ポッペアの戴冠』ルカーノ、『オルフェオ』羊飼いなど、バロックから古典派の作品をレパートリーに、オペラの舞台でも活躍している。国内では、新国立劇場公演モーツァルト作曲『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ役で出演し大変好評を博した。コンサートではJ.S.バッハ/ロ短調 ミサ のソリストなどでも高い評価を得ている。日本イタリア古楽協会運営委員長としてイタリア・バロック音楽の普及に務めている。二期会会員。日本声楽アカデミー会員。東京藝術大学音楽学部声楽科准教授。二期会会員。


三原 剛

三原 剛(バス(イエス))

大阪芸術大学卒業。1991年第22回日伊声楽コンコルソ金賞受賞。92年日本音楽コンクール第1位。翌93年には、五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、後に五島記念文化財団奨学生としてドイツのケルンに留学。以後、国内外においてリサイタル活動やオペラ、オーケストラとの共演など、意欲的な活動を展開。バッハ、ヘンデルなど、バロック期の宗教音楽を中心に、古典派、ロマン派、近代・現代作品へと着実にそのレパートリーを拡げている。 2006年ヘンツェのオペラ「午後の曳航」で、ザルツブルク音楽祭、フィルハーモニー(ベルリン)、オーディトリウム(トリノ)に出演するなど目覚しい活躍が続いている。他に、第9回新・波の会日本歌曲コンクール第1位、第7回グローバル東敦子賞、平成17年度大阪文化祭賞などを受賞。バリトノ・カヴァリエーレ(騎士的バリトン)と評される豊かで気品に溢れる声は、国内外において多くの賞賛を集めている。大阪芸術大学演奏学科教授。


加耒 徹

加耒 徹(バス)

福岡県出身。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程独唱科を首席で修了。大学院アカンサス賞受賞、武藤舞奨学金を受ける。二期会オペラ研修所マスタークラスを総代で修了し、最優秀賞および川崎靜子賞受賞。NEUE STIMMEN 2013国際コンクール、日本人男声として初のセミファイナル進出。第20回友愛ドイツリートコンクール第2位。日本歌曲賞、日本Rシュトラウス協会賞受賞。2014年シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとして海外ツアー、録音にも参加する他、『マタイ受難曲』『メサイア』などの公演でソリストとして出演。オペラでは、日生劇場オペラ公演『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、二期会オペラ公演『ナクソス島のアリアドネ』ハルレキン、二期会ニューウェーブオペラ公演『ジューリオ・チェーザレ』アキッラなどで出演。2018年NISSAY OPERA 2018『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、2019年2月オペラ『金閣寺』鶴川役に出演予定。歌曲の演奏に定評があり、『冬の旅』『詩人の恋』をはじめ世界各国の歌曲に幅広くレパートリーを持つ。NHK-FM《リサイタルノヴァ》にも出演。CD【Kaku Toru Début】【加耒徹×ドイツ歌曲】がある。二期会会員

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2019年8月23日(金) 
チケット (SS)¥6,500 (S)¥5,500 (A)¥5,000 (B)¥4,500 (C)¥3,000
U25割(B,C)1,500円、P自由席スマイル2,000円(当日券のみ・限定数)
※2019年度U25割は、1994年以降生まれ対象
※未就学児不可
※P自由席スマイル券は、前売券の取扱いはございません。(各回当日券売場での限定販売)Pブロック8列~11列内にご着席いただきます
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2019-2020定期会員入会受付中

シーズン5回12,000円から

座席割はこちら

オンライン予約
Kitaraチケットセンター
Kitaraチケットセンター
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:136-498】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11006】
主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 定期振替・寄附お申込フォーム
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集