コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

定期演奏会コンサートとチケット

2019
8/23 19:00~
8/24 14:00~

第621回定期演奏会 2019年8月23日(金)19:00~
/ 8月24日(土)14:00~
札幌コンサートホールKitara

指揮者 / 共演者

指揮 / マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)

ヴァイオリン / 郷古 廉

チェロ / 横坂 源

曲目

武満 徹 「死と再生」~「黒い雨」より
ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
ブラームス ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルクによる管弦楽版)

【定期演奏会の聴きどころ】

2019年度定期演奏会 に首席指揮者バーメルトは「What composers do to other composers...(作曲家が作曲家に出会うとき・・・何を感じ、何を与えただろう?)」というテーマを設けました。それぞれの指揮者にこの「お題」を投げかけ、「回答」を出してもらう形で定期演奏会各回のプログラムを作り上げました。
この回、バーメルトはブラームスのピアノ四重奏曲第1番のシェーンベルクによる管弦楽編曲を選びました。シェーンベルクによればブラームスが書いたすべての音が聞こえるように編曲したと言いますが、管弦楽の圧倒的なパワーを活かした傑作です。バーメルトは就任時に邦人作品の演奏と若手の起用を述べましたが、今回はその2つの柱が実践されます。武満の「死と再生」は井伏鱒二の「黒い雨」が映画化された際に書いた音楽からの編曲で、武満最後のオーケストラ曲。原爆投下の月である8月に平和を祈り演奏されることは意義深いといえます。また、郷古廉と横坂源という若手実力者2人によるブラームス二重協奏曲は話題性の高い企画です。ぜひお聴きください。

【定期演奏会のチケット、会員制度のご案内】

『札幌交響楽団定期演奏会』は、4月から翌年3月までの1年間で、10プログラム、各回2回公演(金曜夜と土曜昼)の演奏会を「札幌コンサートホールKitara」で開催、国内外で活躍している一流の指揮者・ソリストとの共演、様々なプログラムをお聴きいただけます。♪会員制度はこちらから


マティアス・バーメルト(札響首席指揮者) © Yasuo Fujii

マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)(指揮)

マティアス・バーメルトは2018年4月に札幌交響楽団首席指揮者に就任した。バーメルトは母国スイスとダルムシュタット、パリで音楽を学び、作曲をブーレーズとシュトックハウゼンに師事。指揮をセルに師事、ストコフスキーの助手を務め、さらにマゼールが音楽監督のクリーヴランド管で正指揮者を務めた。これまでにバーゼル放送響、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、西オーストラリア響、マレーシア・フィル、ルツェルン音楽祭の監督等を歴任。フィルハーモニア、BBC響、ロンドン・フィル、クリーヴランド管、ロサンジェルス・フィル、パリ管、モントリオール響、レニングラード・フィル、N響、札響、テジョン・フィルなどに客演。バーメルトはこれまでに80以上のCDを録音、それらは数々の国際的な賞を受賞している。


郷古 廉 © Hisao Suzuki

郷古 廉(ヴァイオリン)

2013年8月ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリン・コンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。現在、国内外で最も注目されている若手ヴァイオリニストのひとりである。1993年生まれ。宮城県多賀城市出身。2006年第11回ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門第1位(史上最年少優勝)。2007年12月のデビュー以来、新日本フィル、読売日響、東響、東京フィル、日本フィル、大阪フィル、名古屋フィル、仙台フィル、札響、アンサンブル金沢等を含む各地のオーケストラと共演。共演指揮者にはゲルハルト・ボッセ、秋山和慶、井上道義、尾高忠明、小泉和裕、上岡敏之、下野竜也、山田和樹、川瀬賢太郎各氏などがいる。2011年、2012年、2014年と《サイトウ・キネン・フェスティバル松本》でストラヴィンスキー作曲「兵士の物語」に出演。《東京・春・音楽祭》、《ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン》にも招かれている。またリサイタルにも力を入れており、2017年より3年かけてベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏するシリーズにも取り組んでいる。


横坂 源

横坂 源(チェロ)

1986年生まれ。2010年ミュンヘン国際コンクールで第2位受賞。2002年チェリストの登竜門である第5回全日本ビバホール・チェロコンクールに史上最年少で第1位(15歳)受賞。同年カザルスホール「プロジェクトQ」に最年少チェリストとして参加。桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会で小澤征爾と共演。第15回出光音楽賞受賞。将来が大いに嘱望される逸材である。シュトゥットガルトで、ジャン・ギアン=ケラスに師事。2016年9月、ワーナーミュージック・ジャパンより「J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集」をリリース。

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2019年2月15日(金) 
チケット (SS)¥6,500 (S)¥5,500 (A)¥5,000 (B)¥4,500 (C)¥3,000
U25割(B,C)1,500円、P自由席スマイル2,000円(当日券のみ・限定数)
※2019年度U25割は、1994年以降生まれ対象
※未就学児不可
※P自由席スマイル券は、前売券の取扱いはございません。(各回当日券売場での限定販売)Pブロック8列~11列内にご着席いただきます
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2019-2020定期会員入会受付中

シーズン5回12,000円から

座席割はこちら

オンライン予約
Kitaraチケットセンター
Kitaraチケットセンター
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:136-496】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11004】
主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 札響定期演奏会を聞くには?
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集