コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

定期演奏会コンサートとチケット

2019
5/17 19:00~
5/18 14:00~

第619回定期演奏会 2019年5月17日(金)19:00~
/ 5月18日(土)14:00~
札幌コンサートホールKitara

第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会
第619回定期演奏会

指揮者 / 共演者

指揮者 / マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)

ピアノ / 児玉 麻里

ピアノ / 児玉 桃

曲目

ドビュッシー 小組曲(ビュッセル編)
プーランク 2台のピアノのための協奏曲
ベルリオーズ 幻想交響曲

【定期演奏会の聴きどころ】

2019年度定期演奏会 に首席指揮者バーメルトは「What composers do to other composers...(作曲家が作曲家に出会うとき・・・何を感じ、何を与えただろう?)」というテーマを設けました。それぞれの指揮者にこの「お題」を投げかけ、「回答」を出してもらう形で定期演奏会各回のプログラムを作り上げました。
バーメルト自身が振るこの回、最初の回答はドビュッシーの「小組曲」です。かわいらしいピアノ連弾曲がアンリ・ビュッセルにより絵画的な管弦楽作品となっています。次に演奏するプーランクの「2台のピアノのための協奏曲」も様々な作曲家による作品、さらにはガムラン音楽までがパロディのように取り入れられた華やかな音楽です。この作品を児玉麻里、桃姉妹とともに演奏するのは大変贅沢な「聴き物」になることでしょう。そして今年没後150年のベルリオーズの最高傑作「幻想交響曲」で華麗に締めくくります。

【定期演奏会のチケット、会員制度のご案内】

『札幌交響楽団定期演奏会』は、4月から翌年3月までの1年間で、10プログラム、各回2回公演(金曜夜と土曜昼)の演奏会を「札幌コンサートホールKitara」で開催、国内外で活躍している一流の指揮者・ソリストとの共演、様々なプログラムをお聴きいただけます。♪会員制度はこちらから


マティアス・バーメルト(札響首席指揮者) © Yasuo Fujii

マティアス・バーメルト(札響首席指揮者)(指揮者)

マティアス・バーメルトは2018年4月に札幌交響楽団首席指揮者に就任した。バーメルトは母国スイスとダルムシュタット、パリで音楽を学び、作曲をブーレーズとシュトックハウゼンに師事。指揮をセルに師事、ストコフスキーの助手を務め、さらにマゼールが音楽監督のクリーヴランド管で正指揮者を務めた。これまでにバーゼル放送響、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、西オーストラリア響、マレーシア・フィル、ルツェルン音楽祭の監督等を歴任。フィルハーモニア、BBC響、ロンドン・フィル、クリーヴランド管、ロサンジェルス・フィル、パリ管、モントリオール響、レニングラード・フィル、N響、札響、テジョン・フィルなどに客演。バーメルトはこれまでに80以上のCDを録音、それらは数々の国際的な賞を受賞している。


児玉 麻里 © Vincent Garnier

児玉 麻里(ピアノ)

大阪生まれ。6歳で渡欧。14歳の時、最年少、最優秀でパリ国立高等音楽院に入学。ピアノをジェルメーヌ・ムニエ、タチアナ・ニコラエワ、アルフレッド・ブレンデルに、室内楽をジュヌヴィエーヌ・ジョア・デュティユに学ぶ。17歳でプルミエ・プリを獲得して卒業。同年、同音楽院のマスター・コースに進み、19歳で修了。この間、数多くのコンクール等で、優勝、上位入賞を果たす。同音楽院を修了後すぐに、ロンドン・フィルとバービカン・センターで共演、ロンドン・デビューを果たす。更に同年、クィーン・エリザベス・ホールで、ロンドンでのリサイタル・デビュー。「これほど若くて感受性に富んだピアニストには会えない…」と賞賛された。1995年にはカーネギー・ホールでニューヨーク・デビューを果たす。また1999年からロサンジェルスにて、2003年から東京の浜離宮朝日ホールにて、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会」に取り組み、高い評価を得た。現在、ヨーロッパ、アメリカ、日本、アジアで演奏活動を展開する数少ない国際的なピアニストとして名声を確立している。これまでに共演した主なオーケストラには、ベルリン・フィル、ロンドン・フィル、フィルハーモニア管、イタリア国立放響、ハンブルク北ドイツ放響、オランダ放送管、リヨン国立歌劇場管、ロサンジェルス・フィル、バークレイ響等。更にアジアでは、N響、都響、読売日響、日本フィル、大阪フィル、名古屋フィル、シンガポール響等におよぶ。共演した主な指揮者は、ケント・ナガノ、シャルル・デュトワ、フランス・ブリュッヘン、ベルンハルト・クレー、レイモンド・レッパードなどの錚々たる顔ぶれが並ぶ。また、出演した主な音楽祭には、ザルツブルク、エヴィアン、エクサン・プロヴァンス、ヴェルビエ、ラヴィニア、アスペン、サイトウ・キネンなどがある。CD録音も活発で、2003年から11年の歳月を費やし完成させた「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」のCDが2014年にオランダのペンタトーンよりリリースされ、更にケント・ナガノ指揮による「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集」も完成させた。その他、「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番・第2番」、「ショパン:ピアノ協奏曲第2番」などもリリースしている。札響とは初共演。


児玉 桃 © Marco Borggreve

児玉 桃(ピアノ)

J.S.バッハからメシアンを含む現代作品まで、幅広いレパートリーと豊かな表現力で活躍を続ける国際派。幼少の頃よりヨーロッパで育ち、パリ国立音楽院に学ぶ。1991年、ミュンヘン国際コンクールに最年少で最高位に輝く。その後、ケント・ナガノ指揮ベルリン・フィル、小澤征爾指揮ボストン響、モントリオール響、ベルリン・ドイツ響、北ドイツ放送交響楽団との共演、デュトワ指揮NHK交響楽団とのアジアツアーのソリストを務めるなど着実に世界的なキャリアを築く。2008年は、メシアン生誕100年を記念したシリーズ公演(全5回)を行い高い評価を得た。2013年にはルツェルン音楽祭、ウィグモアホール、東京オペラシティ文化財団の共同委嘱による「細川俊夫:練習曲集」をルツェルン音楽祭にて世界初演、12月には東京オペラシティにて日本初演、翌年ロンドン・ウィグモアホールでも演奏。最近の活動としては、ウィーン・ムジークフェラインへのデビュー(メルクル指揮ウィーン・トーンキュンストラー管)、ノリントン指揮フランス放送フィル、フォスター指揮パリ室内管弦楽団との共演をはじめ、室内楽では、ベルリン・コンツェルトハウスでの室内楽など、ヨーロッパでも活躍の幅を広げている。CDはオクタビア・レコードより「ドビュッシー:impressions」、「ショパン・ピアノ作品集」「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」がリリースされており、ヨーロッパでも高い評価を得ている。2010年1月にはメシアンの「鳥のカタログ」全集をリリース。ECMよりリリースされたCD「鐘の谷~ラヴェル、武満、メシアン:ピアノ作品集」は、ニューヨーク・タイムズ、サンフランシスコ・クロニクル、ル・モンド・ド・ラ・ムジーク、仏クラシカ・マガジン、テレラマ等で大絶賛を博し、2017年には最新アルバムとしてECM第2弾、「点と線・ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集」をリリースし、注目を集めている。2009年中島健蔵音楽賞および、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。パリ在住。札響と14回に及ぶ共演でもモーツァルト、ベートーヴェンからグリーグ、メシアンの「トゥーランガリラ交響曲」までとその多彩さが際立っている。

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2019年2月15日(金) 
チケット (SS)¥6,500 (S)¥5,500 (A)¥5,000 (B)¥4,500 (C)¥3,000
U25割(B,C)1,500円、P自由席スマイル2,000円(当日券のみ・限定数)
※2019年度U25割は、1994年以降生まれ対象
※未就学児不可
※P自由席スマイル券は、前売券の取扱いはございません。(各回当日券売場での限定販売)Pブロック8列~11列内にご着席いただきます
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2019-2020定期会員入会受付中

シーズン5回12,000円から

座席割はこちら

オンライン予約
Kitaraチケットセンター
Kitaraチケットセンター
道新プレイガイド
道新プレイガイド
チケットぴあ【Pコード:136-494】
チケットぴあ
ローソンチケット【Lコード:11002】
主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 札響定期演奏会を聞くには?
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集