コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

名曲コンサートコンサートとチケット

2017
6/24 14:00~

森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」 2017年6月24日(土)14:00~ 札幌コンサートホールKitara

森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」
森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」
森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」
森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」
森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」
森の響フレンドコンサート/札響名曲シリーズ「大地のショパン」

指揮者 / 共演者

指揮 / 円光寺 雅彦

ピアノ / 遠藤 郁子

曲目

ドヴォルジャーク 序曲「謝肉祭」
ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調
ムソルグスキー(R.コルサコフ編) 交響詩「はげ山の一夜」
ハチャトゥリアン 「ガイーヌ」より「剣の舞」「子守歌」「薔薇の乙女たちの踊り」「レズギンカ」
ボロディン 「イーゴリー公」から だったん人の踊り
円光寺 雅彦 © K.Miura

円光寺 雅彦(指揮)

1954年東京生まれ。桐朋学園大学指揮科卒業。指揮を斎藤秀雄、ピアノを井口愛子の各氏に師事。 1980年、ウィーン国立音楽大学に留学し、オトマール・スウィトナーに師事する。 1981年9月帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団副指揮者に就任。1986年より同交響楽団指揮者となり、1991年3月までその任を務める。 1989年より1999年3月まで、仙台フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者として活躍。オーケストラの飛躍的な発展に貢献し、その実績は高く評価されている。東京特別公演のライブをはじめ、円光寺・仙台フィルの演奏は多数CD化されており、その演奏からもオーケストラと指揮者の密接な関係を窺う事が出来る。 1998年5月より2001年4月まで札幌交響楽団正指揮者を務める。2000年3月には、東京公演(サントリーホール)を指揮し好評を博し、札幌交響楽団と円光寺の取り組みは高く評価された。 他に、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団をはじめ、日本の各オーケストラに客演し、着実に活動範囲を広げている。 海外でも、1992年、スメタナホールにて、プラハ交響楽団の定期演奏会に客演したのをはじめ、1994年には、BBCウェールズ交響楽団、1995年にはドミトリー・キタエンコからの招きにより、ノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、1998年1月にはフランス・ブルターニュ管弦楽団に客演し、それぞれの地で、その深い音楽性と適確な指揮で、多くの聴衆を魅了した。また、NHK「名曲アルバム」や「おーいニッポン」「あなたが主役~音楽のある街で」「あなたの街で夢コンサート」等の番組にも定期的に出演などその活動は幅広く、国際的指揮者として現在最も期待されている。名古屋フィルハーモニー交響楽団正指揮者、桐朋学園大学院大学特別招聘教授。


遠藤 郁子

遠藤 郁子(ピアノ)

巨匠アルトゥール・ルービンシュタイン、ヴラド・ペルルミュテル、パウル・パドゥラ・スコダ、ロンドン『ディリー・テレグラフ』、人間国宝・金春信高、文化功労者・畑中良輔など芸術界重鎮の諸氏が絶賛する遠藤のピアノの音は、作曲家の音霊(おとだま)を伝える唯一無二のものである。安宅賞、ショパン国際コンクール特別銀賞、オフリッド音楽祭(ユーゴスラビア)功労賞、日本ショパン協会賞、2010年「ショパン生誕200年記念ブロンズ賞」他受賞多数。2014年にはデビュー50周年を迎え記念リサイタルを札幌と東京で開催。2015年にはポーランド共和国の文化功労者としてポーランド共和国聖十字功労勲章を叙勲する。2000年ショパン国際コンクール審査員、日本ショパン協会理事。NPOまずるか北海道理事長。遠藤道子記念音楽館館長。

続きを読む 閉じる

チケット情報

発売日 2017年3月10日(金) 札響会員先行発売:2017年3月7日(火)
チケット ※全席完売しました。
※5回通し券完売
※未就学児入場不可
※札響会員はSS、S席各1回券10%引
主催 北海道新聞社、札幌交響楽団
特別協賛 王子ホールディングス
協力 JAPAN AIRLINES
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

アーカイブ

  • 札響定期演奏会を聞くには?
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集