コンサートカレンダー

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」

Concert
English

オーディション・募集札響について

オーディション・募集

オーディション詳細、募集要項に関しては下記のとおりです。

ヴァイオリン奏者
1. 募集楽員 ・ヴァイオリン奏者(tutti) 1名
※年齢は原則として35歳までとします。 
2.録音審査(一次審査)

・次に指定する課題を、記載の順でトラックナンバーをつけてCD-Rに録音し送付してください。

[課題曲]
(1) 次の協奏曲のうち1曲の第1楽章(カデンツァ含) ※ピアノ伴奏付
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番

(2) 次の協奏曲のうち1曲の第1楽章  ※ピアノ伴奏付
パガニーニ/第1番ニ長調op.6、メンデルスゾーン/ホ短調op.64、ラロ/スペイン交響曲op.21、ベートーヴェン/ニ長調op.61、ブラームス/ニ長調op.77、サン=サーンス/第3番op.61、ブルッフ/第1番ト短調op.26、チャイコフスキー/ニ長調op.35、シベリウス/二短調op.47、バルトーク/第2番、プロコフィエフ/第2番ト短調op.63

(3) [オーケストラ・スタディ]
ベートーヴェン/交響曲第9番 第2楽章 [2nd Violin]
・冒頭~B の最初の音まで

(4) R.シュトラウス/交響詩「ドンファン」 [1st Violin]
・冒頭~C の13小節目まで

<録音における留意事項>
・半年以内に収録したものとします。
・(1)と(2)についてはピアノ伴奏付とし、前奏は任意にカットしてください。
・曲の始まりと、カデンツァがある場合はカデンツァの始まりにトラックナンバーをつけてください。
・録音用媒体はCD-R(音楽用)に限ります。
・音量の低さ、過度なエコーなどは審査に支障をきたす場合がございます。必ず録画状態をオーディオ機器で再生しご自身で確認してからお送りください。 

※応募方法・締め切り

●応募方法

次の必要書類と審査用録音物を6.に記載の送付先まで郵送してください。
録音物には名前を明記してください。
応募書類や録音物は返却いたしません。
※必要書類
①履歴書(市販のもの、音楽歴も記載のこと)
②録音資料(A4用紙に(1)(2)から選択した課題曲名、収録日、収録場所を記載してください)
●応募締め切り
2018年10月27日(土)必着
●録音審査結果
2018年11月12日(月)までに文書で通知いたします。

3.実演審査(二次審査ならびに最終審査)

●日時・会場
・二次審査(セクションによる実演審査)2018年12月6日(木)13時開始予定

  札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)
・最終審査(全楽団員による実演審査)2018年12月7日(金)午後予定

  札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

●実演審査曲目
(1)モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番のうち、一次審査で選択した曲と同じ1曲の第1楽章(カデンツァ含)
(2)オーケストラ・スタディ(詳細は一次審査通過者にご連絡いたします)

※伴奏者は、当団で手配いたします。伴奏者の同伴も可能です(その場合の経費は受験者負担)。伴奏あわせは、審査当日午前を予定しております。詳細は別途ご案内いたします。
※最終審査受験者には、審査当日にあわせて面接を行います。

4.待遇
給与 191,600円(22歳)~247,400円(35歳)
賞与 年2回(当団規定による)
住宅、扶養、燃料、通勤、楽器消耗品各手当、社会保険、雇用保険、退職金制度有
5.採用時期
即採用(応相談)
ただし、6ヶ月の試用期間を設けます。
6.お問い合わせ及び送付先
公益財団法人 札幌交響楽団 オーディション係
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-15(札幌コンサートホール内)
TEL:011-520-1771 FAX:011-520-1772
http://www.sso.or.jp e-mail:info@sso.or.jp
PDF
ヴィオラ奏者
1. 募集楽員 ・ヴィオラ奏者(tutti) 1名
※年齢は原則として35歳までとします。 
2.録音審査(一次審査)

・次に指定する課題を、記載の順でトラックナンバーをつけてCD-Rに録音し送付してください。
・楽譜の版は自由です。

[課題曲]
(1)次の協奏曲のうち選択した1曲の第1楽章(カデンツァ無し)※ピアノ伴奏付
 ①C.P.シュターミツ/ヴィオラ協奏曲ニ長調より第1楽章
 ②ホフマイスター/ヴィオラ協奏曲ニ長調より第1楽章
(2)バルトーク、ウォルトンの協奏曲もしくはヒンデミット「白鳥を焼く男」から選択した1曲の第1楽章
[オーケストラ・スタディ]
(3)ベートーヴェン/序曲「コリオラン」練習番号D 9小節目~E 3小節目まで
<録音における留意事項>
・半年以内に収録したものとします。
・(1)と(2)についてはピアノ伴奏付とし、前奏は任意にカットしてください。
・曲の始まりと、カデンツァがある場合はカデンツァの始まりにトラックナンバーをつけてください。
・録音用媒体はCD-R(音楽用)に限ります。
・音量の低さ、過度なエコーなどは審査に支障をきたす場合がございます。必ず録画状態をオーディオ機器で再生しご自身で確認してください。 

※応募方法・締め切り

●応募方法

次の必要書類と審査用録音物を6.に記載の送付先まで郵送してください。
録音物(CD-R)には名前を明記してください。
応募書類や録音物は返却いたしません。
※必要書類
①履歴書(市販のもの、音楽歴も記載のこと)
②録音資料(A4用紙に、選択した課題曲名、収録日、収録場所を記載してください)
●応募締め切り
2018年10月27日(土)必着
●録音審査結果
2018年11月9日(金)までに文書で通知いたします。

3.実演審査(二次審査ならびに最終審査)

●日時・会場
・二次審査(セクションによる実演審査)2018年12月6日(木)午後予定
  札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)
・最終審査(全楽団員による実演審査)2018年12月7日(金)午後予定
  札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

●実演審査曲目
[課題曲]
(1)シュターミツもしくはホフマイスターの協奏曲のうち、一次審査で選択したものと同じ1曲の第1楽章(カデンツァ無し)
(2)バルトーク、ウォルトンの協奏曲もしくはヒンデミット「白鳥を焼く男」から、一次審査で選択したものと同じ1曲の第1楽章

[オーケストラ・スタディ]
詳細は一次審査通過者にご連絡いたします。
※伴奏者は、当団で手配いたします。伴奏者の同伴も可能です(その場合の経費は受験者負担)。伴奏あわせは、審査当日午前を予定しております。詳細は別途ご案内いたします。
※最終審査受験者には、審査当日にあわせて面接を行います。

4.待遇
給与 191,600円(22歳)~247,400円(35歳)
賞与 年2回(当団規定による)
住宅、扶養、燃料、通勤、楽器消耗品各手当、社会保険、雇用保険、退職金制度有
5.採用時期
即採用(応相談)
ただし、6ヶ月の試用期間を設けます。
6.お問い合わせ及び送付先
公益財団法人 札幌交響楽団 オーディション係
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-15(札幌コンサートホール内)
TEL:011-520-1771 FAX:011-520-1772
http://www.sso.or.jp e-mail:info@sso.or.jp
PDF
打楽器奏者
1. 募集楽員 ・打楽器奏者1名
※年齢は原則として35歳までとします。
※応募方法・締め切り

●応募方法
次の必要書類を、6.に記載の送付先まで郵送してください。
応募書類は返却いたしません。

※必要書類
①履歴書(市販のもの、音楽歴も記載のこと)
応募者多数の場合、書類選考を行う場合があります。

●応募締め切り
2018年8月31日(金)必着

2.一次審査(セクションによる実演審査)、
二次審査(セクションによる実演審査と合奏審査)

●日時・会場
2018年10月28日(日) 午前・午後予定
札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

※スケジュールの詳細は、応募者に9月14日(金)までに文書で通知します。

●実演審査曲目
一次・二次審査とも指定する楽器で当日指定する課題曲(練習曲及びオーケストラスタディ)を演奏してください。二次審査では、課題曲の一部をセクションとして合奏していただきます。
※課題曲目リストは、こちらをご確認ください。
※応募者には別途オーケストラスタディの楽譜をお送りいたします。

◆オーディション使用楽器及び演奏上の注意点
※使用楽器は全て当団指定の楽器となります。Tambのみ持ち込み可とします。

・S.D.:ノーブル&クーリー/5inch ※座奏、立奏どちらでも可。ミュートなどの使用は不可。グリップはマッチド、トラディショナルどちらでも可。ボレロはノーマルな演奏法でお願いします。(例えば撥を極端に短く持つ、押さえつける、逆に持つ、等は不可)

・Xylo:コオロギ/UX555C ※立奏のみ。白鍵までの高さは86㎝です。

・Glock:フォール・クリーク/K-100 ※立奏のみ。白鍵までの高さは86㎝です。

・Tamb:グローバー/ダブルジングル ※座奏、立奏どちらでも可。 足台を使用できます。※持参も可。

・Cym:セイビアン/Artisan19inch ※立奏のみ

3.最終審査(実演審査ならびに面接)

●日時・会場
・最終審査(全楽団員による実演審査)2018年10月29日(月)午後予定
札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

●実演審査曲目
一次・二次審査と同様、指定する課題(練習曲及びオーケストラスタディ)を当日演奏してください。

●面接
最終審査通過者には面接がございます。詳細は二次審査通過者にお伝えいたします。

4.待遇
<現行給与表による基本給, 基本給=年齢給+経験給>
給与 191,600(22歳)~247,400円(35歳)賞与 年2回(楽団規定による)
住宅、扶養、燃料、通勤、楽器消耗品各手当、社会保険、雇用保険、退職金制度有
5.採用時期
即採用(応相談)
ただし、6ヶ月の試用期間を設けます。
6.お問い合わせ及び送付先
公益財団法人 札幌交響楽団 オーディション係
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-15(札幌コンサートホール内)
TEL:011-520-1771 FAX:011-520-1772
http://www.sso.or.jp e-mail:info@sso.or.jp
PDF
トランペット奏者
1.募集楽員
・トランペット奏者1名 
※年齢は原則として35歳までとします。
2. 予備審査(録画審査)
・次に指定する課題を、記載の順でトラックナンバーをつけてDVD録画し送付してください。

[課題曲]
(1)ハイドン/トランペット協奏曲 変ホ長調 第1楽章(カデンツァの前まで)
(2)テレマン/トランペット協奏曲 二長調 第4楽章
※使用楽器は、ハイドンはB♭管、テレマンはピッコロトランペットとします。

<録画における留意事項>
・半年以内に収録したものとします。
・ピアノ伴奏付とし、前奏は任意にカットしてください。
・曲の始まりにトラックナンバーをつけてください。
・録画用媒体はDVDに限ります。ブルーレイは不可とします。
・音量の低さ、過度なエコーなどは審査に支障をきたす場合がございます。必ず録画状態をオーディオ機器で再生しご自身で確認してください。
※応募方法・締め切り

●応募方法

次の必要書類と審査用録画物を6.に記載の送付先まで郵送してください。
録音物(DVD)には名前を明記してください。
応募書類や録画物は返却いたしません。

※必要書類
①履歴書(市販のもの、使用楽器・音楽歴も記載のこと)
②録画資料(A4用紙に収録日、収録場所を記載してください)
●応募締め切り
2018年8月1日(水)必着
●録画審査結果
2018年8月13日(月)までに文書で通知いたします。

3.実演審査(二次審査ならびに最終審査)

●日時・会場
・二次審査(セクションによる実演審査)2018年9月23日(日)午後予定
札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

・最終審査(全楽団員による実演審査)2018年9月24日(月・祝)午後予定
札幌芸術の森アートホール・アリーナ(札幌市南区芸術の森2丁目)

●実演審査曲目
(1)ハイドン/トランペット協奏曲 変ホ長調 第1楽章(カデンツァの前まで)
※使用楽器はB♭管とします。
(2)オーケストラ・スタディ(詳細は予備審査通過者にご連絡いたします。)
※伴奏者は、当団で手配いたします。伴奏者の同伴も可能です(その場合の経費は受験者負担)。伴奏あわせは、審査当日午前を予定しております。詳細は別途ご案内いたします。
※最終審査受験者には、審査当日にあわせて面接を行います。

4.待遇
<現行給与表による基本給, 基本給=年齢給+経験給>
給与 191,600(22歳)~247,400円(35歳)賞与 年2回(当団規定による※2018年6月現在
住宅、扶養、燃料、通勤、楽器消耗品各手当、社会保険、雇用保険、退職金制度有
5.採用時期
2019年1月採用(応相談)
ただし、6ヶ月の試用期間を設けます。
6.お問い合わせ及び送付先
公益財団法人 札幌交響楽団 オーディション係
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-15(札幌コンサートホール内)
TEL:011-520-1771 FAX:011-520-1772
http://www.sso.or.jp e-mail:info@sso.or.jp
PDF
  • 札響定期演奏会を聞くには?
  • 札響オリジナルグッズ&CD
  • Kitaraチケットセンター オンライン購入
  • オーディション・募集