札幌交響楽団 SAPPORO SYMPHONY ORCHESTRA

定期演奏会

第607回定期演奏会 ~世界に札響を...「乱」ふたたび~

The 607th Subscription Concert

第607回定期演奏会 ~世界に札響を...「乱」ふたたび~
日時 2018年2月23日 19:00~
February 23, 2018 7:00 PM
2018年2月24日 14:00~
February 24, 2018 2:00 PM
会場 札幌コンサートホールKitara
Sapporo Concert Hall; Kitara
指揮者
共演者
指揮
尾高 忠明(札響名誉音楽監督)
Tadaaki OTAKA, Conductor
語り***
中井 貴惠
Kie NAKAI, Narrator
クラリネット*
三瓶 佳紀(札響首席奏者)
Yoshinori MIKAME, Clarinet
ヴァイオリン**
アレックス・シオザキ
Alex SHIOZAKI, Violin
曲目
武満 徹
「乱」組曲
Toru Takamitsu
RAN, Suite
「ファンタズマ/カントス」*
Fantasma/Cantos for Clarinet and Orchestra
「遠い呼び声の彼方へ!」**
Far Calls. Coming, far! for Violin and Orchestra
 
「弦楽のためのレクイエム」
Requiem for String Orchestra
「系図-若い人たちのための音楽詩」(詩:谷川俊太郎)***
Family Tree-Musical Verses for Young People (Poem:Shuntaro Tanikawa)

世界に札響を・・・「乱」ふたたび 尾高・札響のオール武満プログラム

生前の武満徹(1930~1996)が札響をいかに愛していたかを、楽団OB、OGたちからの証言から知ることができます。また、武満から札響への書簡などを見ても深い愛情が感じられます。そして武満が作曲した映画「乱」の音楽を札響に演奏させるよう黒澤明監督に要望したというエピソードはよく知られています。武満がしばしば札響を訪れた岩城宏之音楽監督の時代、尾高忠明は正指揮者でした。当時と楽団員はほとんど変ってしまいましたが、武満が愛した札響サウンドは今も息づいていると尾高は話します。武満が亡くなって22年になりますが、札響サウンドで武満の演奏を続けることは非常に重要です。尾高指揮の定期演奏会としては、1976年、2006年に続く3回目の「オール武満」プログラムとなりますが、今回あらためてその真価を問いたいと思います。
---------------------------
武満徹の名前、そして彼の音楽は今や日本の音楽家のなかでもっとも世界に受け入れられている。オーケストラ作品、室内楽作品、それぞれに素晴らしく美しく、演奏は難しいがやりがいがあるものばかりだ。ところがそのような作品のみでは武満さんを知ったことにはならない。彼が作曲した膨大な映画音楽!テレビドラマの付随音楽!これらが実にすてきなのだ。
-文:尾高忠明 2001年リリースのCD「TAKEMITSU HOSOKAWA A.OTAKA」プログラムノートより

尾高 忠明(札響名誉音楽監督) © Martin Richardson

尾高 忠明(札響名誉音楽監督)(指揮)
1947年鎌倉生まれ。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、ロンドン響、ベルリン放送響など世界各地のオーケストラへ客演。札幌交響楽団においては、81年~86年正指揮者、1998年に復帰しミュージック・アドヴァイザー/常任指揮者を、2004年からは音楽監督を務め、創立40年の英国、創立50年のヨーロッパツアーのほか、韓国、台湾公演など成功させオーケストラの発展に尽くした。2015年4月から名誉音楽監督。 2015年は、1月にニューヨーク・ジュリアード音楽院での「Focus!2015日本の現代音楽」公演にて武満、三善、吉松作品を指揮、ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールの審査員を務めたほか、ロイヤル・フィルへの客演、BBCプロムスに出演など国内外での活躍を続ける。 これまでに1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。1993年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、ウェールズ大学より名誉博士号を、1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。さらに1999年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー・メダルを授与。2012年有馬賞(NHK交響楽団)、14年北海道文化賞受賞。 現在ほかに、NHK交響楽団正指揮者、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井シンフォニエッタ東京桂冠名誉指揮者。また東京藝術大学名誉教授、相愛大学音楽学部客員教授、京都市立芸術大学音楽学部客員教授、国立音楽大学招聘教授を務めている。


中井 貴惠

中井 貴惠(語り***)
大学在学中東宝映画「女王蜂」でヒロインデビュー。 1982年映画「制覇」で日本アカデミー助演女優賞を受賞。 その後数々の映画、ドラマに出演。 1998年『大人と子供のための読みきかせの会』を主宰。仕掛けたっぷりの大型絵本と 生の音楽をつけた独特の読み聞かせで人気を博し、幼稚園・小学校・小児病棟などでの 公演は、現在1200回にもおよんでいる。 2009年より小津安二郎監督映画から「晩春」「秋日和」「東京物語」「お早よう」 「秋刀魚の味」を朗読劇に仕上げ全国で公演中。 2013年初夏公開の映画「じんじん」に出演。 2015年大ヒットした映画「あん」を、原作者ドリアン助川氏と二人での朗読劇として 初演。現在、「音語り~小津安二郎映画を聞く~シリーズ」・「朗読劇あん」などの公演を全国で展開中。 主な著書に『ニューイングランド物語』(文化出版局)、『父の贈りもの』 『赤毛のアンを探して』(角川書店)、翻訳本に『大きな木のおくりもの』 (あすなろ書房)、『おおきなかぶ』(ブロンズ新社)、 再話本に『はだかの王さま』『くるみわり人形』(ブロンズ新社)など。 公式サイト:http://nakaikie.com


三瓶 佳紀(札響首席奏者) © M.Sato

三瓶 佳紀(札響首席奏者)(クラリネット*)
1970年北海道千歳市出身。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了、在学中、武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会でF.ベンクリーシュートー作曲クラリネット小協奏曲を日本初演。1995年東京で初リサイタル後渡独。ウォルフガング・マイヤー氏のもとで研鑽を積むほか、ドイツの室内オーケストラなどで数々の演奏活動に参加。独カールスルーエ国立音楽大学卒業。オーケストラ・アンサンブル金沢客員契約団員を経て、2000年札幌交響楽団に入団、2007年4月から首席奏者。入団前の1999年日演連推薦/新人演奏会を始め、ソリストとして札幌交響楽団の数多く共演。2013年には尾高忠明指揮でモーツァルトの協奏曲、昨年8月の定期演奏会では、スダーン指揮によるモーツァルトの協奏交響曲で共演した。札響ファゴット首席の坂口聡、オーボエ奏者の宮城完爾とトリオダンシュ札幌を結成し、各地でコンサートの他、2004年にCDをリリース。2015年には初のソロアルバム「Elegy」をリリース、好評を得て、ソロ第2弾となる「British Portrait」を今月発売。これまでに渡部大三郎、山本正治、K.ベルケシュ、山本洋志、P.ハンズワース、W.ヴェート、W.マイヤーの各氏に師事。北海道教育大学、札幌大谷大学各非常勤講師。


アレックス・シオザキ

アレックス・シオザキ(ヴァイオリン**)
「魔法のごとく魅了する」 (ニューヨーク・タイムズ紙)
ジュリアード弦楽四重奏団のロナルド・コープスやジョセフ・リン、ロビン・シャープに学び、ロバート・ミーリーにはバロック・ヴァイオリンの指導を受けた。  シオザキは現代音楽の擁護者として頭角を現し、ニューヨークのカーネギーホールやパリのサル・コルトーなどで演奏し、幅広い音楽に精通。ソリストとしてもジュリアード管やハーバード・バッハ・ソサエティ管と共演している。タングルウッド音楽祭などにも参加し、2011年にはメトロポリタン歌劇場の日本ツアーにも参加している。コンサートマスターとしてタングルウッド音楽センター管やジュリアード室内管なども率いた。最近ではメトロポリタン美術館で「アルヴォ・ペルト80歳」コンサートを行い、その模様は世界にライブストリーミング配信された。  多様な音楽に関心をもち、マーク・モリス・ダンス・グループやニューヨーク・シティ・バレエ団のメンバーとコラボレートしたり、アウトリーチや聴衆参加型の室内楽シリーズなども行い、ジュリアード音楽院のミュージック・アドバンスメント・プログラムでは教育指導研究員も務めている。  受賞も多く、ハーバード大学やジュリアード音楽院からは様々な賞を授与されている。


チケット情報

発売日 2017年7月 4日 
On sale from July 4, 2017
チケット (SS)6,500円 (S)5,500円 (A)5,000円 (B)4,500円 (C)3,000円
U25割(B,C)1,500円
※2017年度U25割は、1992年以降生まれ対象
※未就学児不可
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2017-2018後期シーズン定期会員入会受付中
SS席26,000円、S席22,000円、A席20,000円、B席18,000円、C席12,000円

定期演奏会を聴くには


座席割はこちら

Kitaraチケットセンター オンライン予約へ
チケットぴあ
Pコード
316-497 

チケットぴあ

ローソンチケット
Lコード
16010 

ローチケHMV

主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

定期演奏会一覧に戻る


ページトップへ戻る