札幌交響楽団 SAPPORO SYMPHONY ORCHESTRA

定期演奏会

第600回定期演奏会 ~第600回記念・モーツァルト3大交響曲~

The 600th Subscription Concert

第600回定期演奏会 ~第600回記念・モーツァルト3大交響曲~
日時 2017年6月 9日 19:00~
June 9, 2017 7:00 PM
2017年6月10日 14:00~
June 10, 2017 2:00 PM
会場 札幌コンサートホールKitara
Sapporo Concert Hall; Kitara
指揮者
共演者
指揮
マックス・ポンマー(札響首席指揮者)
Max Pommer, Conductor
曲目
モーツァルト
交響曲第39番 変ホ長調
Mozart
Symphony No.39 in E-flat major K.543
交響曲第40番 ト短調
Symphony No.40 in G minor K.550
交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」
Symphony No.41 in C major K.551 "Jupiter"

 

"モーツァルトの先達であるバッハは神のために作曲したといいます。ではモーツァルトは誰のために作曲したのか?この3大交響曲は彼自身のためではなかったか"-事前公募の札響ファンによる推しコメントより

"私にとってバッハは神、そしてモーツァルトは神の子です、それぐらいに大事な作曲家の最高傑作をきっちり演奏することが記念すべき演奏会にふさわしい"-M.ポンマー

マックス・ポンマー(札響首席指揮者) © Y.Fujii

マックス・ポンマー(札響首席指揮者)(指揮)
1936年、ライプツィヒ生まれ。ライプツィヒ音楽大学、ライプツィヒ大学で学び、博士号を修得。ヘルマン・アーベントロートとヘルベルト・フォン・カラヤンのもとで学んだ。ライプツィヒ新バッハ合奏団芸術監督、ライプツィヒ放送交響楽団首席指揮者、ザールラント音楽大学指揮科教授などを歴任。2015年4月、札幌交響楽団の首席指揮者に就任した。 ザルツブルク音楽祭、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭などの高名な音楽祭にも出演、スコットランド室内管、セントポール室内管、ボルドー・アキテーヌ国立管、ザルツブルク・モーツァルテウム管、南西ドイツ放送響などの優れた楽団に度々登場。日本では山形響、群馬響、日本フィル、新日本フィル、読売日本響、名古屋フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市響、大阪フィル、日本センチュリー響、広島響を指揮。 ディスコグラフィーはバラエティに富み、バッハ、ヘンデル、ドビュッシー、モーツァルトの交響曲集や初期オペラ集から、フィンランドの作曲家ラウタヴァーラの全交響曲やクルト・ワイル、アイスラー、デッサウ、シェーンベルク他のドイツの作曲家の作品等を録音している。札響とも既にメンデスルゾーン:交響曲第2番「讃歌」、ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」のCDを発売、今年9月にRシュトラウス:「ツアルトゥストラはかく語りき」ほかを収録した第3弾をリリースし、注目を集めている。 現在、ドイツのザールブリュッケン在住。


チケット情報

発売日 2017年2月21日 
On sale from February 21, 2017
チケット (SS)6,500円 (S)5,500円 (A)5,000円 (B)4,500円 (C)3,000円
U25割(B,C)1,500円
※2017年度U25割は、1992年以降生まれ対象
※未就学児不可
※土曜昼公演SS席は定期会員で満席のため、1回券の販売がございません。
------------------------------------------------
♪2017-2018定期会員入会受付中
SS席45,500円、S席41,000円、A席37,500円、B席34,000円、C席22,000円
U25割(B,C)12,000円

定期演奏会を聴くには


座席割はこちら

Kitaraチケットセンター オンライン予約へ
チケットぴあ
Pコード
316-489 

チケットぴあ

ローソンチケット
Lコード
16003 

ローチケHMV

主催 札幌交響楽団
協賛 ANA
助成 公益財団法人 アフィニス文化財団
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
お問い合せ先 札幌交響楽団(011-520-1771)

定期演奏会一覧に戻る


ページトップへ戻る