札幌交響楽団 SAPPORO SYMPHONY ORCHESTRA

札幌交響楽団について

指揮者/楽団員/役員/事務局

札幌交響楽団 指揮者 垣内 悠希, conductor

1978年東京生まれ。2011年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。現在、その将来が最も嘱望される指揮者の一人である。2012年4月東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会を指揮し東京デビュー。ブラームス交響曲第2番では、「鋭敏な色彩感覚の反映された名演」と評された。ウィーンを拠点に、フランス国立ボルドー=アキテーヌ管、イル・ド・フランス国立管、ブリュッセル・フィル、ミュンスタサンクトペテルブルク響、ウィーン室内管、チリ響等、国内でも東京都響、読売日本響、東京響、日本フィル、新日本フィル、京都市響、神奈川フィル、仙台フィル、群馬響、広島響、九州響、オーケストラ・アンサンブル金沢等にも客演。2013年にはミュンスター歌劇場でオペラ・デビュー。同年3月には、小澤征爾氏の強い推挙を受けて小澤征爾音楽塾オーケストラを指揮して好評を博した。
6歳よりピアノを始め、14歳より指揮の勉強を始める。これまでに小澤征爾、佐藤功太郎、レオポルド・ハーガー、ヨルマ・パヌラ、ジャンルイジ・ジェルメッティ、エルヴィン・アッツェル、イザーク・カラブチェフスキー、湯浅勇治の各氏に師事。2001年東京藝術大学楽理科を、2009年ウィーン国立音楽大学指揮科を首席で卒業。次いで2011年同音大劇場音楽科特別課程を修了。

指揮者 垣内 悠希 © Photo by Jean Philippe Raibaud

現在ウィーンに拠点を置き、客演を重ねている。札幌交響楽団とは2015年に初共演。2016年4月、札幌交響楽団指揮者に就任。

指揮者/楽員/スタッフ紹介ページへ戻る

ページトップへ戻る